目元の悩み

目のクマの種類と原因を徹底解説【メカニズムを知って対策しよう】

朝起きてみると目の周りにクマができていて気になること多いと思います。

クマがあることで顔が疲れているように見えたり、印象が悪くなってしまうので、できるだけクマを作りたくはないですよね。

今回は、クマにはどのような種類と原因があるのか紹介していきます。

目のクマの種類とは

目のクマは全部で3種類あります。

  • 青クマ
  • 黒クマ
  • 茶クマ

順番に解説していきます。

青クマ

青クマは、目の下を軽く引っ張るとクマが薄くなるのが特徴のクマです。

原因は、冷え、生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や疲労、ストレス、目の疲れなどによって目の周りの毛細血管が滞ってしまうことで、皮膚が薄い目の下が青黒く見えてしまっているんですね。

「うっすらとクマがある」という状態です。

黒クマ

黒クマは、目の下にくぼみができていてその影がクマに見えてしまうものを指します。

上を向くとクマが目立たなくなるのが特徴です。

加齢によって、目の下の皮膚が薄くなってきたり、コラーゲンの減少によってたるみが起きてくぼんでしまうことで黒クマになってしまいます。

茶クマ

茶クマは目の下を引っ張たり上を向いたとしてもクマが薄くならずに、はっきりとクマだと分かります。

紫外線や目を擦ったりすることで色素沈着になったり、角質の肥厚などが主な原因です。

また、小さなシミが集まってしまうことで茶色く見えてしまうこともあります。

クマが発生する原因

クマが発生する原因を知って解決できるようにしておきましょう。

原因となる点について紹介します。

紫外線を多く浴びてしまう

紫外線を多く浴びてしまうことでクマができることがあります。

紫外線を多く浴びてしまうと肌が刺激を多く受けてしまい、メラニンが多く生成され、色素沈着をしてしまいます。

メラニンが多く生成されてしまうとメラニンを排出させるターンオーバーが追いつかずに、目の下にクマができてしまうんですね。

そのため、日焼け止めを塗ることや、外出時には日傘やサングラスを利用するなどして紫外線対策をしっかり行う必要があります。

加齢によって皮膚が弱くなる

目の下にたるみが少しあってクマができてしまう黒クマは、加齢による原因が多いです。

年をとってくると皮膚の弾力が低下してしまい、影のようなものができてしまいます。

また、加齢によって皮膚が薄くなってしまうので、目の下の眼窩脂肪を支える筋肉も緩んでしまい、クマができてしまうこともあるんですね。

このように加齢によってクマができてしまった場合は、エイジングケア用のアイクリームを使用して目元の張りをアップさせるようことで対処しましょう。

加齢によって筋肉が低下してくるので、早い段階でアイクリームを塗って目元のケアを開始することが大事になります。

睡眠不足

睡眠不足によって目の周りの血行が悪くなってしまい、クマができてしまうこともよくあります。

目の下にはたくさんの毛細血管が詰まっており、毛細血管が血行不良になってしまうと血管が青くなり、青クマができてしまいます。

血行不良の場合は、目を簡単にマッサージしたり、目元を暖かいタオルなどを置いて温めてから、目の周りを薬指で少し押してあげることにより、血行を良くできます。

もちろん、しっかりと睡眠を取ることも大事なので、睡眠時間を確保することも大切です。

まとめ

クマにも実は3種類ありそれぞれ原因が異なります。

もしクマがあるのであれば、種類を知って、そのクマの解消法を行うことにより、目のクマの悩みを解決することができるのです。

そこで、オススメなのが目元の悩みに特化したアイショットクリーム『アイキララ』です。

アイキララには、3つの目元ケア特化成分を配合し、目元にしっかりアプローチをしてくれます。「最近目元に年齢を感じる…」「目元が気になって悩んでいる…」そんな女性にオススメです。

公式サイトからの購入で全額返金保証付き!実際に使ってみて効果がなければ返金してもらえるので、初めての方でも安心して申し込むことができます。

>>消えない目の下のお悩みには『アイキララ』